楽天銀行の基本

楽天銀行という銀行をご存知でしょうか。楽天銀行は楽天市場や東北楽天ゴールデンイーグルスで有名な楽天グループ傘下の銀行です。楽天グループはネットショッピングをはじめとする様々なインターネットサービスを提供しており、多くの子会社を持ち、多様な事業を展開しています。

楽天銀行は、元々イーバンクという名前の、楽天グループとは別のネット銀行でした。イーバンクは2000年に日本で二番目に登場したネット銀行で、2009年に楽天グループに買収されて、楽天銀行と改名しました。ネット銀行とは、銀行業務をインターネット上のみで行うインターネット専業銀行のことで、普通の銀行よりも金利や手数料の面で優れています。楽天銀行は開業時から、同行間の振込手数料が無料となっています。

楽天銀行の基本的な円預金商品には、普通預金と定期預金があります。普通預金の金利は、2014年3月現在0.02%とネット銀行にしては低い水準ですが、マネーブリッジという楽天証券との口座連携サービスを利用している場合には、0.1%と大幅に利率がアップします。定期預金は1ヶ月ものから5年ものまでがあります。定期預金の金利はネット銀行の中では平均的です。他銀行の例に漏れず、預け入れ期間が長ければ長いほど、預け入れ額が大きければ大きいほど、金利は上昇します。

また楽天銀行は新型定期預金という名称で、仕組預金も取り扱っています。満期特約付定期預金であるステップアップ預金・エクステ預金・パーカッション10と、二重通貨定期預金であるデュアル預金があります。満期特約付定期預金とは、銀行側が満期日を勝手に変更できる代わりに金利が高く設定される仕組の預金で、二重通貨定期預金とは、為替レートに応じて、預金を日本円と外貨の二種類の通貨で運用する仕組みの預金のことです。どちらもリスクのある預金なので、正直なところおすすめはできません。

楽天銀行はネット銀行なので、現金の引出・預入はATMから行います。楽天銀行が提携しているATMは、セブン銀行ATM・ローソンATM・ゆうちょ銀行ATM・enetATM(ファミリーマート、ミニストップのATM)・イオン銀行ATMです。ATMを使用するのに、キャッシュカードとクレジットカードが一体になった楽天銀行カードが無料で発行されます。年会費も無料です。

楽天銀行は外貨預金・FX・投資信託・証券・ローンサービス・公営競技・宝くじといったように、実に多様な金融サービスを展開しています。こうしたサービスが、インターネット上での簡単な手続きで行えるのが、ネット銀行である楽天銀行の良いところです。また他の楽天グループ傘下の企業との連動したサービスを受けられるのも、強みと言えます。

© 2014 豊富なサービス!楽天銀行

http://www.dzyngiri.com